ブログ

2014年1月

積極的傾聴   2014.01.26

みなさんは「積極的傾聴」という言葉を聞いたことがありますか?

例えば、部下や同僚から相談を受けたとき、どのように話を聞いていますか
「きく」という漢字にも「聞く」、「訊く」、「聴く」があります。この3つには、
 「聞く」・・・は相手の言うことを耳だけで聞く
 「訊く」・・・は問いただす
 「聴く」・・・は心で聞く
という違いがあります。

「積極的傾聴」は「聴く」、つまり、耳と目と心で聴くことです。
良い相談者になるためには、相手が言わんとしていることの真意を理解するために聴くことができるようにならなければなりません。
まずは、一生懸命聞くことです。聞くためのスキルはいろいろあります。
相槌を打つ。相手のほうを見ながら聞く。質問しながら聞く。オオム返しをする。などなどですが、とにかく、「あなたの言おうとしていることを真剣に聴いていますよ」ということを発信しながら聞くことです。そして、次に大切なのが、どんな意見に対しても否定から入らないことです。否定から入ってしまうと、一生懸命に話そうとしても受け入れられないと感じたところから、相談者は相談する意欲がなくなってしまいます。

相手の話が自分の意見と違うなと思っても、まずは「共感」してみてください。一度相手の意見を受け止めたうえで、自分の意見を言うことが大切です。

聴き方を意識して変えるだけで、相談者は話しやすくなり、それを継続することによってきっとあなた自身の評価が変わってくるでしょう。

ES=従業員満足とは・・・   2014.01.19

先週、管理職セミナーを開催いたしました。参加された皆様には、大変参考になったと言っていただき大好評を頂きました。

ところで、なぜ今、管理職セミナーが必要なのでしょうか?

最近の労働トラブルの上位は、「解雇」や「いじめ・嫌がらせ」に関するものです。これらの問題は、当事者だけに限らず、社員全体のモチベーションを下げ、生産性を低下させることになります。

企業がいつの時代にも成長していくために欠かすことのできない重要な要因としてCS(顧客満足)がありますが、この源泉はES(社員満足)です。社員が、不満ばかりの会社では、大きな利益を生み出すことは不可能です。ESが高い企業ほどそれに比例して高い業績を上げています。

では、ESのために何をすればいいのでしょうか?
その1つとして「管理職の教育」です。
部下が、どんなに成長しようとしても上司に理解がなければうまく育っていきません。上司は部下の成長のためにどうすればいいのか学ぶ必要があります。

実際、実務の教育をしているという会社さんは多くありますが、管理職として部下を育てるためにどうあるべきかを教育している会社はまだまだ少ないようです。

会社の業績を伸ばしたいとお考えの会社さんは、まずは「管理職の教育」を実施してみてはいかがでしょうか?

 

中小企業労働環境向上助成金   2014.01.13

本年度の助成金の中でお勧めしているのが「中小企業労働環境向上助成金」です。

ただ、対象となる事業主が「重点分野関連事業主(健康・環境・農林漁業分野など)」または「介護関連事業主」であることという条件がありますので、対象となる事業所は、一度、雇用管理改善のため以下の措置を実施してみてはいかがでしょうか。

1、重点分野関連事業主の場合 
 ((1)、(2)のいずれかの措置)

(1)、評価・処遇制度の導入           【助成金支給額40万円】
 ① 評価・処遇制度
 ② 昇進・昇格基準
 ③ 賃金体制制度
 ④ 諸手当制度のいづれかの制度を導入

(2)、研修体系制度の導入            【助成金支給額30万円】
 職務の遂行に必要場能力を付与するため、カリキュラム内容、時間などを定めた職業訓練・研修制度を導入

2、介護関連事業主の場合
 ((1)~(4)のいずれかの措置)

(1)、評価・処遇制度の導入           【助成金支給額40万円】
 ① 評価・処遇制度
 ② 昇進・昇格基準
 ③ 賃金体制制度
 ④ 諸手当制度のいずれかの制度を導入

(2)、研修体系制度の導入            【助成金支給額30万円】
 職務の遂行に必要場能力を付与するため、カリキュラム内容、時間などを定めた職業訓練・研修制度を導入

(3)健康づくり制度の導入 (法定健康診断以外の健康づくりの制度) 
                         【助成金支給額30万円】

 ① 腰痛健康診断
 ② B型・C型肝炎検査
 ③ インフルエンザ予防接種
 ④ 結核検査
 ⑤ 検便
 ⑥ メンタルヘルス相談
のいずれかの制度を導入            

(4)介護福祉機器の導入   【導入に要した費用の1/2(上限300万円)】
 ① 移動用リフト
 ② 自動車用車いすリフト
 ③ 座面昇降機能車いす
 ④ 特殊浴槽
 ⑤ ストレッチャー
 ⑥ 自動排せつ処理機
 ⑦ 昇降装置
 ⑧ 車いす体重計
導入後は使用を徹底するための研修や導入機器のメンテナンス、導入効果の把握などをする必要あり

詳しいことをお知りになりたい方は、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

 

明けましておめでとうございます   2014.01.05

明けましておめでとうございます。
本年が皆様にとって幸多き一年となりますよう心よりお祈りいたします。

今年は、比較的暖かなお正月でしたが、皆様はどのように過ごされましたでしょうか?

私は、昔懐かしいところで年越しをしようと楽しみに行ったのですが、全く様変わりしており、昔のにぎやかな面影はなくなっていたことにがっかりてしまいました。その代り、近くの別の場所がにぎわいを見せており、知らないうちに時代は変わってしまったんだなと、思い知らされました。

お仕事も同じです。
時代の流れに沿って、皆様のお役にたてるよう、日々進化し続けていきたいと思います。

今年も、新しいことをご提案できるよう精一杯頑張っていきたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。

ページトップ

お問い合わせフォームはこちら

ブログ最新記事

月別記事

サービス案内

顧問サービス

顧問契約によって、安価なコストで御社に非常勤の社会保険労務士を持つことができます。

入退社他労働社会保険全般手続きやハローワークへの求人の提出、分社化に伴う社会保険適用の相談、行政機関の臨検調査立ち会いなど、なんでもご相談下さい。

顧問契約のメリットとしては、手続き以外にも、労務関係における様々なご相談にお答えしたり、万が一の労使トラブル発生時の抑止力になったりと、さまざまなビジネスシーンでご活用いただけます。

相談顧問の料金
人数
10人以下
11~50人
51~100人
相談顧問
20,000円
30,000円
40,000円
手続き相談顧問の料金
人数
10人以下
11~30人
31~50人
51~70人
手続き・
相談顧問
30,000円
35,000円
45,000円
60,000円

※これ以上の人数の場合は、ご相談ください。

助成金申請

助成金の財源は「雇用保険」です。

御社で、従業員を雇用し、雇用保険に加入していて、助成金の要件に合致する場合、申請する権利が当然発生します。むしろ、もらわない事がもったいない事だと当事務所では考えています。

手続きや書類整備の決まりごとも多く、社長がわずらわしい手間と時間を割くより、ぜひ、申請実績豊富な当事務所にお任せください。

助成金申請の料金
着手金
無料サービス実施中
成果報酬
助成金額の 15 %

就業規則作成・変更

会社側と労働者との間で労使トラブルが増加しています。会社を防衛するためには、就業規則の整備は不可欠です。年々法改正があり、企業はこれに対応していかなければなりません。

テンプレートや何年も前の就業規則をそのまま使用していると、就業上の違法性を指摘されたり、思わぬ権利を主張される恐れがあります。この機会にぜひご検討下さい。

就業規則の作成・変更料金
就業規則
200,000円
契約社員・パートタイマーなど
各就業規則
70,000円~
賃金規程・退職金規程
50,000円~
育児・介護休業規程
30,000円~
その他の規程
30,000円~
就業規則診断
10,000円

※手続き・顧問契約の場合は上記金額から割引させていただきます。

手続き代行

スポットでのご依頼も大歓迎です。
労働保険・社会保険の書類作成など、お困りのときはお気軽にお問い合わせください。

手続き代行の料金
書類作成・提出(雇用保険・社会保険)
15,000円~
労働保険(労災保険・雇用保険)の新規適用
40,000円~
社会保険(健康保険・厚生年金)の新規適用
40,000円~
労働保険料申告(年1回)
30,000円~
社会保険算定基礎届(年1回)
30,000円~
賞与支払届
20,000円~
労災保険請求手続き
30,000円~

給与計算

給与計算を専門家にアウトソーシングすることによって、煩わしい残業代の計算や保険料率の変更などを気にせず、その時間を他の業務に専念することができます。

また、給与担当者が急に休んでしまったり、退職してしまうリスクや個人の給与が社内に漏れたりするリスクを回避することができます。

給与計算の料金
基本料金
15,000円
タイムカード集計有り
1,000円/人
タイムカード集計無し
500円/人

※手続き相談顧問契約を同時に契約される場合は、上記金額から割引させていただきます。

その他サービス

その他のサービス内容・料金
労務相談
5,000円/1時間
経営理念・経営計画
120,000円
人事制度の設計
100,000円/月
セミナー・勉強会・講演
1時間あたり30,000円~

ページトップ