ブログ

2018年1月

職場改善「明るい職場」   2018.01.31

よく経営者の方と話していて出てくるのが、
「うちの職場暗いんだよねぇ。明るい職場にしたいんだよねぇ」という声です。
どうにか明るい職場にならないかなと聞かれたときに私が必ず言うのが
「明るい職場はつくれません!」ということです。
多くの経営者の方が驚かれますが、これはある意味事実です。

「明るい職場」とは?

明るい職場というのは、それぞれの人にそれぞれの定義があります。
ある人は明るい職場の定義を、窓際で日光が差し込んでいる職場と想像し、
またある人は雑談が多い職場と想像するのです。

つまり、明確な行動化された定義がないと職場を変えることは難しいのです。
例えば
【明るい職場】ではなく、
【朝出社したときに全員が目を合わせて挨拶をする職場】であれば
叶えることができます。

どのように変えたいのか定義する

どのような行動でもいいのですが、職場を変えたい!と思ったときは
行動レベルまで落とし込んで定義すると、より早く職場改善が進みます。

職場改善を考えた時の一つのコツとして知っておいてください。

長時間残業せざるを得ないときは・・・   2018.01.24

「どうしても、納期や決算の関係で、どうしても長時間残業してもらう
月が出ざるを得ない。長時間残業が会社にとって、リスクやコストである
ことは理解しているがどうしたらいいか?」

そこで提案するのは、
【期限付きで、長時間労働を頑張ってもらう】ことです。
例えば、
・3か月後には人員が補充されるから、それまでの間だけ頑張ってほしい
・2月以降はしばらく楽な仕事を任せるので、休憩してもらえるから、ご家族にお伝えください
・次の納期が終われば、必ず楽にするから等です。

一般的に人は、終わりの見えない真っ暗なトンネルを歩かされると
頑張れないものです。逆に出口が見えると精神的にも楽に頑張れるものなのです。

2つ注意点があります。
1. あくまでもこれは、健康に支障のない働き盛りの世代のみ該当すること
2. 一度決めた期限は、絶対に延長しないこと
です。

特に一度決めた期限をずるずると延ばすことがあると、社員は頑張れず
それどころか会社への不信感も覚えてしまいます。
そうなってしまうと逆効果ですので、必ず約束は守るようにしましょう。
ここでも、メンタルヘルス対策の基本である、会社と社員の信頼関係が大切です。

元気な心でうつ予防   2018.01.11

企業向け研修を実施している中の一つとして、セルフケア研修(社員一人
一人のこころのケア)を実施しています。

セルフケアとは、一言で言うとストレスとうまく付き合う方法を学ぶの
ですが、そこでいつもお伝えしていることがあります。
セルフケアを通じて、うつなどをはじめとするメンタルヘルス疾患を予防
するには、【食事が大切】です。

食事が大切と研修でお伝えすると、多くの方がぽかーんとされます。
当たり前すぎるのか、それともこころと食事があまり結びつかないのか
はわかりませんが、意外と見落とされがちなポイントだと感じています。
なぜなら、心の働きの多くは脳が司っています。その脳に栄養を補給して
いるのは、体に栄養を補給しているのと同じ「食事」です。
脳も体の一部ですから、当たり前といえば当たり前なのですが、不思議と
体と切り離して考える傾向があるように感じます。

例えば、上司が食事抜きで仕事をしていると、部下はなかなか食事にいけ
ないものです。ランチをきちんと確保できるように、上司自身が気を付ける
とよいでしょう。
さらに、繁忙期などで残業をするときには、ぜひとも夕食タイムも確保する
よう気を付けてあげてほしいと思います。

関わっている企業でよい制度だなと思ったのは、
どうしても残業が必要な時期は、部署全体で時間を決め、お弁当を注文して
皆で一斉に食事をするという制度です。
こうすることによって、上司に気を使って食事を食べ損なうという部下も
いなくなります。さらに一緒に食事をして、また頑張ろうという雰囲気に
なるので、チームとしての連帯感・士気もあがるという効果もあります。

このように、セルフケアの第一歩とは、食事というある意味基本的なところ
が大切です。

キャリアコンサルタントになります!   2018.01.07

明けましておめでとうございます。

久しぶりのブロブになりますが、今年からまた新たな気持ちで始めていきたいと思います。

年明け早々ですが、キャリアコンサルタント(国家資格)に合格しました。
名前を聞いただけではまだまだピンと来ない資格ですが、皆さんは、自分の今までの経験やスキル、仕事の適性などについて考えたことはありますか?

国内の雇用環境、労働環境が大きく変化している現代において、自分はどのようにキャリアを築いていきたいのかや、仕事に対する不安や悩みなどを共有しながら、働き手の興味関心、能力、価値観などを改めて考え活用していく支援をするお仕事です。

国の考えとしてもキャリアコンサルタントを今後生かしていく方針で、キャリアコンサルタントを活用した会社への助成金もあります。

会社様のお役に立てる幅が広がればうれしいです。

ページトップ

お問い合わせフォームはこちら

ブログ最新記事

月別記事

サービス案内

顧問サービス

顧問契約によって、安価なコストで御社に非常勤の社会保険労務士を持つことができます。

入退社他労働社会保険全般手続きやハローワークへの求人の提出、分社化に伴う社会保険適用の相談、行政機関の臨検調査立ち会いなど、なんでもご相談下さい。

顧問契約のメリットとしては、手続き以外にも、労務関係における様々なご相談にお答えしたり、万が一の労使トラブル発生時の抑止力になったりと、さまざまなビジネスシーンでご活用いただけます。

相談顧問の料金
人数
10人以下
11~50人
51~100人
相談顧問
20,000円
30,000円
40,000円
手続き相談顧問の料金
人数
10人以下
11~30人
31~50人
51~70人
手続き・
相談顧問
30,000円
35,000円
45,000円
60,000円

※これ以上の人数の場合は、ご相談ください。

助成金申請

助成金の財源は「雇用保険」です。

御社で、従業員を雇用し、雇用保険に加入していて、助成金の要件に合致する場合、申請する権利が当然発生します。むしろ、もらわない事がもったいない事だと当事務所では考えています。

手続きや書類整備の決まりごとも多く、社長がわずらわしい手間と時間を割くより、ぜひ、申請実績豊富な当事務所にお任せください。

助成金申請の料金
着手金
無料サービス実施中
成果報酬
助成金額の 15 %

就業規則作成・変更

会社側と労働者との間で労使トラブルが増加しています。会社を防衛するためには、就業規則の整備は不可欠です。年々法改正があり、企業はこれに対応していかなければなりません。

テンプレートや何年も前の就業規則をそのまま使用していると、就業上の違法性を指摘されたり、思わぬ権利を主張される恐れがあります。この機会にぜひご検討下さい。

就業規則の作成・変更料金
就業規則
200,000円
契約社員・パートタイマーなど
各就業規則
70,000円~
賃金規程・退職金規程
50,000円~
育児・介護休業規程
30,000円~
その他の規程
30,000円~
就業規則診断
10,000円

※手続き・顧問契約の場合は上記金額から割引させていただきます。

手続き代行

スポットでのご依頼も大歓迎です。
労働保険・社会保険の書類作成など、お困りのときはお気軽にお問い合わせください。

手続き代行の料金
書類作成・提出(雇用保険・社会保険)
15,000円~
労働保険(労災保険・雇用保険)の新規適用
40,000円~
社会保険(健康保険・厚生年金)の新規適用
40,000円~
労働保険料申告(年1回)
30,000円~
社会保険算定基礎届(年1回)
30,000円~
賞与支払届
20,000円~
労災保険請求手続き
30,000円~

給与計算

給与計算を専門家にアウトソーシングすることによって、煩わしい残業代の計算や保険料率の変更などを気にせず、その時間を他の業務に専念することができます。

また、給与担当者が急に休んでしまったり、退職してしまうリスクや個人の給与が社内に漏れたりするリスクを回避することができます。

給与計算の料金
基本料金
15,000円
タイムカード集計有り
1,000円/人
タイムカード集計無し
500円/人

※手続き相談顧問契約を同時に契約される場合は、上記金額から割引させていただきます。

その他サービス

その他のサービス内容・料金
労務相談
5,000円/1時間
経営理念・経営計画
120,000円
人事制度の設計
100,000円/月
セミナー・勉強会・講演
1時間あたり30,000円~

ページトップ